カロリーを消費するダイエット

食事療法ダイエットで、食べたいものを制限するのはちょっと難しいと思い、筋トレダイエットを取り入れました。食べる量は減らさず、むしろ増やしたと言ってもいいぐらいです。その分運動を大目にして摂取したカロリーをとにかくすべて消費するように心がけてみました。
http://www.bethelumcmn.org/

ダイエットというと、とかくランニングやウォーキングに目が行きがちですが、ランニングをするならば最低でも30分以上、ウォーキングであればそれ以上歩かないとカロリーの消費量は賄えないと思い、それであればむしろ大きな筋肉を動かす筋トレはストレッチの方が効果があるのでは?と思いました。

大きな筋肉は上半身より下半身、特に腰回りと太ももに集中しています。そこで、足を中心に筋トレを行いました。主な種目は普通のスクワット、ブルガリアンスクワット、レンジです。筋肉をつけるのが目的ではないので、特に大きな加重はかけず、家にあった5kgのダンベルを1つずつ左右の手に持つくらいです。この状態でそれぞれの種目を30回×3セットを毎日行いました。

たまに、上半身もバランスを取るために腕立て伏せをしました。筋肉量が増えたせいか、体重の落ちは2~3kg程度でしたが、1ヶ月を過ぎる頃から明らかに見た目が変わってきました。食事制限ではなく、やはりカロリーを消費する方法の方が早く効果が出るものだと感じました。

只今ダイエット中です。

今現在チャレンジしていることを紹介させていただきます。
まず一つ目は、朝と夜に布団の上で足のストレッチです。
布団の上だと寝る前や起きた時などに手軽にできます。

スラリオを使って3ヶ月間の効果

始めたきっかけは、ストレッチを続けていると風邪を引きにくくなり、柔軟性も上がるので怪我をしにくい身体になると教えてもらったからです。
そして二つ目が、スクワットです。

こちらは三日坊主になってしまうこともありますが、“やらなきゃ!”と自分を追い込まず忘れた時は“また明日やればいいっか”と思うようにしています。
回数は1セット20回で、上限は特に決めていません。
空いた時間などがあれば行うようにしています。
最後は寝る前にスプーン1杯のハチミツをとること。

私は知らなかったのですが、寝る前のハチミツ摂取はお手軽ダイエットで有名らしいです。
また疲労回復にも良いとのことで、一石二鳥だなぁと思い続けています。
これら3つのことを、あまり気負わずに行っています。

食事やアルコールも好きなだけ摂取しているので、体重が激減することはないですが、ジーパンの太もも辺りに余裕が出てきました。
夜に食べ過ぎても、翌日に体重が増えていることもないです。
食べ過ぎなければ体重ももっと減るのかもしれないですが、食べることを我慢してストレスになるのも嫌なので食事制限はせず、このまま頑張ってみたいと思います。

リバウンドしたくないから努力する

ダイエットって大変ですよね。

メタシボリは効果あり?

20代の前半くらいまでは、何もしなくても太りませんよね。

私も、当時は運動していたわけでもないのに、痩せ型の体型でした。

腹筋もなぜか割れていて、一向に太る気配がありませんでした。

それなのに、20代後半、それも30歳を目前にした頃から急に太りだしたのです。

下半身→お腹の順で脂肪がつき始めました。

これはまずいなーと思いジムに通い始めましたが、ひとりでは甘えが出てしまって継続できませんでした。

エステなら疲れていても行けるし、ひとりでも継続できるかなと思い、1年通いました。

固くなってセルライト化した脂肪を柔らかくして、赤外線ドームみたいなもので燃焼させるプランで、

下半身を中心に施術していただきました。

そのおかげで1年で体脂肪率は3%落ちて太もものお肉も少し減りました。

でも、リバウンドしたんです。

やっぱり運動しないでごはんをモリモリ食べると、太るんですよね。

私はカロリーの高いものが好きなので、より一層太りやすいみたいです。

「もう無理だな、これは」と諦めはじめた頃、彼氏にランニングに連れていかれるようになりました。

どうやら、知らぬ間にひどい二重あごをこしらえていたようで、

彼氏が見るに見かねて運動させようとしてくれたようです。

それから週に2回ほどランニングに行くようになりました。

いつの間にか筋肉も落ちてしまっていて長距離走ることができなくなっていたため、

3ヶ月で5kmを7分/1kmで走り切れるようになることを目標にしました。

一人で走ることも多かったのですが、目標を達成することを彼に約束したので継続できました。

そして3ヶ月後、目標を達成したのです。

目標を達成した頃、私の体型は明らかに変わっていました。

下半身は相変わらずお肉は多めではありますが、引き締まっています。

垂れていたお尻も余計なお肉がなくなり、張りがあります。

お腹は、若い頃ほどではありませんが綺麗にくびれができました。

ランニングする前と比べると、体重は2kg減、体脂肪率は3%減。

驚くほど減ったというわけではありませんが、体型が引き締まったことだけでも十分な効果でした。

私は食べることを我慢できない分、

運動をして摂取したカロリーを消費する必要があったみたいです。

筋肉を増強していくと脂肪の燃焼効率が上がるため、リバウンドもしづらいかもしれません。

綺麗に痩せるためには辛いことも頑張る努力が必要ですね。

もうリバウンドはしたくない!簡単白湯ダイエット

私は、以前結婚式の前に
過度な食事制限のダイエットをしました。

その結果、8キロ痩せることが出来て、結婚式では
今までにないぐらい痩せていて、
アルバムでも満足のいく自分の姿を納めることが出来ました。

http://www.essd2016.org/

ですが結婚式が終わったあと、食事制限をやめました。
特に量が多い訳でもない食事に変えました。

するとみるみる太っていき、最終には
ダイエットした後よりも10キロ増、つまり
ダイエット前よりも2キロ太りました。

また食事制限をしたら痩せる事は分かっていたのですが
またリバウンドして、また食事制限して…
とずっと繰り返されるのでは?
と思い、私は食事制限をせずに痩せる事に決めました。

沢山調べていると、長続きしやすいものが
1番良いと分かり、簡単なものを探していると
白湯ダイエットというものを見つけました。

その方法は飲み物を飲む時
白湯にするだけの方法でした。
新陳代謝が上がり、痩せ体質になるダイエットです。
これは簡単だ!と思い
白湯を初めてから3ヶ月になります。

3ヶ月で2キロ減と、結果はなかなか出づらく、挫折しそうにもなりますが
食事制限は一切無しで
たまに空いた時間にスクワットや、体幹トレーニングをするだけですので
続けやすいと思います。

無理をせずに長く続けることが1番の
成功への近道なんだなと思いました。
地道ですが、またダイエット後の姿になれるよう
気長に無理せずに頑張っていこうと思います。

持続できる運動とタンパク質をプラスして

ダイエットには、食事と運動とよくいわれています。グラマスパッツの口コミ感想

私もさまざまなダイエットをしてみました。食べ物では、リンゴダイエットや朝バナナダイエット。でも、すぐに飽きてしまいました。運動、走ってみたり、ジムに通ってみたりしましたが、これも長続きしませんでした。

では炭水化物抜きダイエット。こちらは効果はありましたが代わりに肌がカサナサしてきたので、やめました。痩せたい、その理由はきれいになりたいから。

痩せたからと言って、肌がカサカサしたり、筋肉が衰え脂肪だらけになって、だらしない体型になるのは、言語道断。だから、発想の転換をしてみました。今まで私は、体重ばかりを気にしてました。

数グラム単位でも増えるとがっくり。でも、脂肪よりも筋肉のほうが重たいので、数キロ体重が増えても体脂肪が減る事を意識しました。過度な運動は、長続きしないので、駅まで歩く、階段使う、テレビ見ながら、ボディマッサージなどしました。

とにかく、毎日持続してやることを意識しました。食事面では、これも過度な食事制限は、お肌に悪いし長続きしない。カロリーばっかり気にしても仕方がないので、とりあえず、タンパク質をプラスしてみるようにして、燃えやすい体作りをしました。そしたら、はじめは体重数キロ増え、代わりに体脂肪が減ると言った感じでした。

でも、体重は少し増えても、サイズダウンしたんです。続けてるうちに徐々には体重も落ち、いわゆる、脂肪のつきにくい体質改善がでしたように、思います。

肥満の実情とダイエット方法の選び方

【肥満に関する社会背景】
厚労省の調査データによると、平成30年度の男性の肥満率は約31%、女性は約21%です。※肥満判定(BMI25以上)

肥満が進行すると、睡眠時無呼吸症候群等の呼吸障害をきたしやすくなり、睡眠時に専門の器具を付けるなどの対応が必要になる場合もあります。
さらに肥満は糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風等の様々な病気の下地にもなりやすく、心筋梗塞、狭心症など、脳卒中や虚血性心臓病の原因になります。

メタシボリは販売店で市販されている?私の口コミと効果をレポートします!

肥満者の割合は、男女ともこの10年ほどほぼ横ばいで推移しており、適正体重を目指し、肥満による病気の防止、健康促進を図る事が必要です。
健康体でいることで病気を未然に防ぐことができると、肥満が原因の医療費も負担減になります。

肥満は百害あって一利なし。
肥満者は生活週間の見直しが必要です。

【肥満の主な原因】
①食べ過ぎ、運動不足等の生活週間
・朝食を抜いて夜間にまとめて食べるなどのまとめ食い。
・一日の摂取カロリーの半分以上を深夜に摂取する夜食症候群。
・無意識のうちに何かを食べてしまうながら食い。

②遺伝的要因
1994年に「肥満遺伝子」が発見され、体内に脂肪を蓄積する能力は遺伝するという研究結果が出ました。
現在、肥満の原因は「遺伝3に対して環境7」とされており、肥満遺伝子を持っている人はより生活習慣に注意が必要です。

【ダイエットの具体的な方法】
現在は様々なダイエット方法があり、各々に合ったダイエット方法を選ぶ事で、目標の体重を達成しやすくなります。
最もポピュラーな方法は「食事制限+運動」です。
具体的には、食事をゆっくり噛むことで少ない食事量でも満腹中枢を刺激し満足感を得る。
有酸素運動など、脂肪を燃やすことに有効な運動を取り入れることで、効率的にダイエットする。
等があげられます。

ダイエットの問題点としては、続かない、リバウドする等が主な問題点です。
ダイエットを成功させるために楽な道はありませんが、自分に合った方法を選ぶことで
長期的に継続しやすくなりますので、自分に合った方法でダイエットしましょう。

ちょっと意外な簡単ダイエット法

ちょっと意外だけど、簡単に取り組めるダイエット法、それは「プロテインダイエット」です。

プロテインは男性や筋トレをしている人が飲むもの、というイメージが強いかもしれませんが、実はそういうわけではありません。

スラリオの効果と私の口コミ!痩せるか痩せないか購入して徹底検証!

プロテインは栄養が豊富で低カロリーです。
特にタンパク質が豊富で、そのタンパク質がダイエットに非常に効果があります。

タンパク質は筋肉を作るもと。筋肉が増えると基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼されやすくなり、結果痩せやすい体ができるということです。

タンパク質はお肉や卵などからも摂取できますが、プロテインは手軽に摂取でき、腹持ちもいいのでおすすめです。

プロテインダイエットの主なやり方について
私が実際にやせたプロテインダイエットでは、朝一番にプロテインと間食(お菓子)の代わりにプロテインです。

朝一番に飲む理由としては、胃が空っぽのときは栄養を吸収しやすいため、タンパク質を取り入れるのに最適な時間だからです。
朝ごはんへの置き換えではないので別にご飯は食べますが、プロテインのおかげで量は少なくすみます。

また今まで間食、お菓子、ジュースを摂取していたものを全てプロテインに置き換えました。
プロテインにもよりますが、1杯200キロカロリーもないのでお菓子やジュースを飲むより低カロリーで栄養が取れるので一石二鳥です。

ちなみに、プロテインを飲んだらムキムキになるということはありません。
痩せるのが難しいのと一緒でムキムキになるにはそれ相応の努力が必要だからです。

半年で?20㌔減量★★

低身長で出産後あまりにも太りダイエットをしようと決意しました。2020年年明けからYouTubeのハンドクラップを2週間続け、30分踊り続けることで7キロ近く落ちました!

http://www.stop-eet.info/

体を動かして汗をかくこと、ウォーキングをするようにし、なるべく車は使わない。食事もたくさん食べていたので、胃を小さくする為に1ヶ月間炭水化物を抜き、野菜中心の食事に間食は一切せずに一日三食食べるようにしていました。夜の入浴もお風呂に浸かってすぐ上がるのではなく、40分から1時間は浸かるようにしました。

食べ物はカロリーや糖質を常に考えて、飲み物はジュースなど一切やめ、特茶や黒烏龍茶、ヘルシアと用途に分けて飲み分けるようにしています!カフェも甘いものではなく、ブラックコーヒーに変えました!飲めなかったブラックコーヒーが飲めるようになり、お通じまでよくなりました!できることはなるべく頑張って続けて、いくつかダイエットグッズも買いました!

10キロ痩せてきた時にモチベーション維持の為、骨盤ベルトや酵素ドリンク、サプリメントなども続け、体内から痩せやすい体づくりを心がけて今も続けています。ダイエットを始め半年で20キロの減量に成功し、今は現状維持をしています!リバウンドせずに今をキープできるよう、これからも頑張っていきたいと思います!

日常の動作にわざと手間をかけて

毎日、コツコツと続けなければいけないダイエット。
しかし、続けるのはなかなか難しいです。
仕事や家事で疲れたり、やろうと思ったけど時間が遅かったり。

極み菌活生サプリは販売店で市販されている?購入して使用した効果と口コミをレポートします!

そんなことが有れば、ついついやらなくなってしまいます。
個人的にわざわざダイエットの為の時間を作るというのが、原因だと思い一手間加えた運動で痩せることに成功しました。
実際にやったのは
「食器洗いをする時にわざと爪先立ちになってやってみる」
です。

爪先立ちだけと、思われますがやってみると意外に脹脛が疲れてきます。
また、バランスが悪いのでフラフラしないようにとやると全身に力が入ったりして結構大変です。
最初はずっと爪先立ちでやろうとせずに、少しやって休憩という形がいいと思います。
いきなり、しっかりやろうとすると心が折れやすいので。

ちょっとだけ運動してみた位の無理せず続けれそうな時間が丁度良いです。
慣れてくれば、食器洗いの時だけじゃなく掃除機をかける時や洗濯物を干す時など色々な作業をしてるときについでにやれるようになります。

千里の道も一歩からと言いますが、その為の時間を作るというより何かをしながら一手間の負荷をかけるというやり方の方が長続きしやすくて、心が折れにくいと思います。

確実なダイエット(減量)方法!!!

「○○kg痩せたい!!!」

なんて話はよく耳にする話ですよね。

巷ではどんなダイエット法が流行っているかわかりませんが、私が1ヶ月で8kg(71kg→63kg)の減量に成功した方法をここでは書いていきます。

ダイエットを始めたときの体脂肪率や骨格筋量、自身の代謝の良さによって左右されるかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてください!

もちろん、テーマが「ダイエット」ということなので、ちゃんと食事について書いていきますね。

キラリ麹の炭クレンズ生酵素効果!

では早速ですが、ダイエット(減量)において大事なことが2つあります。

①食事は少量を小分けにして4?5食にする

②摂取カロリーを確認する

②摂取する栄養を考える

なんと、以上の3つだけです。

まず、あなたは日頃から運動をしますか?

運動をする方であれば、自分の基礎代謝以上のカロリーは摂取して、その上で運動すれば健康的に痩せられます!

運動をしない方であれば、性別や身長、体重によって左右されますが、一日の摂取カロリーを大体1500kcal?2000kcal以内にすると良いです!

私の場合は、一日の摂取カロリーを減量前半は1800kcal以内、減量後半は1500kcal以内にしていました!

さて、一日の摂取カロリーがわかったところで、実際に何を食べたらいいの?となるはずです。

ところで、あなたは「pfcバランス」という言葉をご存知ですか?

pは「protein(タンパク質)」、fは「fat(脂質」)、cは「carbohydrate(炭水化物)」のことを指します。

このうち、炭水化物の摂取量を減らして痩せるのがローカーボ、脂質の摂取量を減らして痩せるのがローファットといいます。

ちなみにですが、どちらでも8kgの減量は可能です。食べられなくなると辛いものがあれば、それが食べられるほうの減量法を選ぶとよいです。

私は両方の減量法で成功していますので、実際に何を食べたかを書いていきます。

ローカーボの減量法→さけるチーズ2本とプロテイン1杯 ×4食 

ローファットの減量法→スーパーで売ってるうどん1食とプロテイン1杯 ×4食

これを1ヶ月続けるだけで痩せることができました。もちろんこの食事だけではキツすぎるので、一週間に一回は好きなものを食べる「チートデイ」を取り入れました。

減量飯ばかり食べていると、体が飢餓状態と勘違いして体に栄養を蓄えなきゃ!と、返って太りやすい体になってしまいます。

こうならないよう「全然飢餓なんかじゃないよ」と体に教えるために、いつもよりたくさんのカロリーを摂取して代謝をあげる日、それをチートデイといいます。

私の場合は、チートデイに朝からセブンで売ってる「とみ田」のラーメンを2杯、お昼にはハンバーグ定食、夜には近所の二郎系ラーメンを食べました。

こんな乱れた食事でも、チートデイ以外の日をキチンと減量のための食事にしておけば痩せることができます。

食事に関してだけではありますが、痩せたいのであれば、この食事法をぜひ試してみてください。

食事制限によるダイエット

簡単な食事制限をする事で痩せるダイエット手法について書かせて頂きます。

私はよくある糖質制限ダイエットを使ってダイエットをしています。極み菌活生サプリの口コミと効果をご紹介!一番お得な通販サイトはどこ?

簡単に言うと炭水化物が多く含まれる食べ物を食べずに生活するダイエットです。

炭水化物が多く含まれる物というと、甘い物やご飯、パン等が当てはまります。

逆に、炭水化物が少ない食べ物は、肉や魚、卵やチーズ、緑系の野菜や大豆に海藻類等があてはまります。

炭水化物を取る事によって脂肪が増えるそうなので、これらの炭水化物が少ない物のみを食べてダイエットする事で体重を減らしていきます。

といっても、働いている人等は、外食だったりコンビニの食べ物だったりで、昼間に炭水化物無しで食事をする事が厳しいと思います。

なので、できれば朝と夜、最低限夜は炭水化物が少ない食べ物を食べると有効だと思います。

私は朝と昼は普通に食べて、夜は豆腐やわかめ、豚肉等、食物繊維やビタミンを取れるような食べ物を食べています。

このような食事制限を続けることで、私は1か月で5キロのダイエットに成功しています。今の所リバウンドも無いです。

ただ、こういった食事制限をしていると筋肉の量が減ったりするようなので、適度な運動はした方がいいです。

長くなりましたが、糖質制限ダイエットおすすめです。ありがとうございました。

やはり最後は運動あるのみ

30歳を目前にした今、数年前に比べて太ってしまった、食べすぎた次の日の体型が戻りにくい、1日経っても浮腫みがとれない…こんな症状を自覚し、本格的にダイエットに取り組むようになった。

まず、20代で試してきたのダイエット法と結果について簡単にまとめた。http://bonobotwist.com/

・キャベツダイエット→基本的に食事は鍋(メインの具材がキャベツ)のみ、野菜中心の食生活を心掛けることで5kg程度落とすことができた。ただし、食生活を維持することができなくなり、徐々に体型が戻ってしまった。

・糖質制限→1-2ヶ月という短期間で2-3kgの減量に成功。米、パンを徹底的に抜き、毎日糖質を計算しながら生活した。しかしこれも、継続することが難しく一気にリバウンドしてしまった。

他にも食生活のみを改善し一時的に減量に成功、またリバウンド、といったダイエットを何回も繰り返してきた。

そしていよいよ体型維持が難しくなってきた20代ラスト、これまで手を付けてこなかった運動に着手した。トレーナーさんに指導を仰ぎ、筋トレ中心のメニューを組んでいただいた。やはり食べることは好きなのでそこはもう自由に、食べ過ぎることだけ避ければOK,と軽いルールのみ儲けた。

筋トレと軽い有酸素運動を週に2回、3ヶ月経過し、減量はゼロ。しかし、鏡で見た姿に明らかに違いがあった。主に筋トレでメインとして下半身を鍛えてきたため、腰回りが一回り小さくなっていることを実感できた。

年齢とともに代謝も落ち、食事制限だけではどうにもできなくなる、今後も筋トレを中心とした運動によるダイエットを継続し健康的に痩せられるような生活を目指していきたい。

お腹にヘソクリ隠してたまるか

絶対にやってはいけないダイエットを私の経験に基づいて綴ります。キラリ麹の炭クレンズ生酵素の効果を暴露!私の口コミと最安値通販をご紹介!

私は身長153センチで体重54キロの筋肉がほとんどない状態の体系の時に当時お付き合いしていた彼にお腹の肉をつままれて、「ここにヘソクリ隠せるね!」と無邪気に言われたのがきっかけでダイエットを決意しました。

ダイエットを始めたばかりの知識がない時に行動した方法は、『断食』です。知識がなくても断食は身体に悪いしリバウンドする方法第1位と言っても過言ではないぐらいのことはわかると思いますが、当時の私は「1ヶ月で5キロ落としたい!落とさなきゃ!出来れば明日にでも!」とあまりに必死すぎました。

元々食べるのがすごく好きでしたが、ガマンにガマンを重ねてお腹が空いたら水を飲む、本当に無理かも…と思ったら塩オニギリを1日かけて1個食べるという生活で半月経過したころ変化が訪れました!!

体系にも変化はありましたが、一番変化があったのは頭皮です。

上記通り、私は食べるのが大好きでした。それを突然断ち切ったことと過度な栄養不足による『円形脱毛症』です。

ヘソクリ隠せるね!と笑っていた彼が最初に気が付き「俺が体系の事いじったせいで無理させちゃったんだよね、ごめんね」と言われ、大事な人に心配をかけてしまった時やっと我に返りました。

その後はまず円形脱毛症を治すために栄養のある食事を摂り、「ダイエットは長期戦」というよく考えれば当たり前のことをモットーに軽度な運動をしたりカロリー計算をした食事を続け1年で7キロの減量に成功しました!!

断食はダメだダメだとよく聞きますが「短期間で落としたいから…」と理由でやってしまいましたが、体系と引き換えに髪のツヤや髪の毛そのものを失ったり、肌の調子が悪くなるので本当に辞めた方がいいんだなと自分が経験してやっとわかりました。

今ではファスティングというプチ断食があるのでまだファスティングの方が身体には良いと思います。

ただの無茶な断食は本当に人間性を失うので辞めてください。

運動と食事制限が大事

ダイエットは食事制限と運動を行うことによって効率よく痩せることができます。まず、ダイエット中の食事について述べていきます。目安は一日の総摂取カロリーを2000キロカロリー以下に抑えます。食事は朝、夜の一日二食とします。http://www.derdickdarm.org/

朝は茶碗一杯のご飯と納豆一パックで、夜は茶碗二杯のご飯と野菜炒め、納豆一パックです。これで一日の総摂取カロリーは1000キロカロリー程度となります。一見きつそうに見えますが、五大栄養素はキッチリ摂ることができるので健康上は問題ありません。次に、運動について述べます。

運動は一日一回、バーピーと呼ばれる全身運動を五分間するだけです。腕立て伏せの状態からかがむ体勢になり、最後にジャンプするという運動です。単純な運動ですが、五分間でもかなり疲れます。余力があれば、腕立て伏せと腹筋を一日30回目安でやると更に効果的です。

以上の食事制限と運動を行うことによって、私は一ケ月で五キロやせることができました。たまに、運動をしない日や好きなものをたくさん食べる日もあったので、完璧にこなすことができれば一ケ月で五キロ以上痩せることも可能だと考えています。食事制限に関しては最初はお腹がすいてしまって辛いですが、二週間を目安に耐えると慣れてきます。