高い化粧品を使っても「老い」は止められない

35歳を過ぎた頃から、肌の老化が気になる様になりました。口元のたるみ、目じりのシワ、目の下のクマが特に年々ひどくなっています。鏡をみる度に「老けたなぁ」と、ため息をついてしまいます。

基礎化粧品にはけっこうお金をかけていたのですが、高い化粧品を使ってもやはり老いは止められません。「無駄だな」と感じる様になり、基礎化粧品は安いものに変えてしまいました。

http://www.legivre.org/

安くても肌荒れしないもの、化粧ノリが悪くならないものを色々試して自分に合うものを探しました。黒縁メガネをかけると目元のシワ、クマが隠れてごまかせるので、外出時は黒縁メガネをかける様になりました。頑張って手入れして化粧しても昔みたいに綺麗な仕上がりにはなりません。最近は、顔体操をして顔の筋肉を鍛える事を頑張っています。

お風呂につかりながら、口をタコの様に突き出して、左右、上下に動かします。後は、めいいっぱい大きく口を開けて「あ」と「お」の口の形を繰り返します。たるんできている口元や頬に効きそうです。お風呂でやると汗もかいてむくみも取れるのでおススメです。そして野菜をたくさん食べて、食事の栄養バランスに気を遣う様になりました。

睡眠も大事ですね。この様に、歳を重ねて肌の老化感じる様になってから、「化粧品にはお金をかけた方が良い」という考えから「運動、食事、睡眠が肌にとって最も大事である」という考えに変わりました。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。