肥満の実情とダイエット方法の選び方

【肥満に関する社会背景】
厚労省の調査データによると、平成30年度の男性の肥満率は約31%、女性は約21%です。※肥満判定(BMI25以上)

肥満が進行すると、睡眠時無呼吸症候群等の呼吸障害をきたしやすくなり、睡眠時に専門の器具を付けるなどの対応が必要になる場合もあります。
さらに肥満は糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風等の様々な病気の下地にもなりやすく、心筋梗塞、狭心症など、脳卒中や虚血性心臓病の原因になります。

メタシボリは販売店で市販されている?私の口コミと効果をレポートします!

肥満者の割合は、男女ともこの10年ほどほぼ横ばいで推移しており、適正体重を目指し、肥満による病気の防止、健康促進を図る事が必要です。
健康体でいることで病気を未然に防ぐことができると、肥満が原因の医療費も負担減になります。

肥満は百害あって一利なし。
肥満者は生活週間の見直しが必要です。

【肥満の主な原因】
①食べ過ぎ、運動不足等の生活週間
・朝食を抜いて夜間にまとめて食べるなどのまとめ食い。
・一日の摂取カロリーの半分以上を深夜に摂取する夜食症候群。
・無意識のうちに何かを食べてしまうながら食い。

②遺伝的要因
1994年に「肥満遺伝子」が発見され、体内に脂肪を蓄積する能力は遺伝するという研究結果が出ました。
現在、肥満の原因は「遺伝3に対して環境7」とされており、肥満遺伝子を持っている人はより生活習慣に注意が必要です。

【ダイエットの具体的な方法】
現在は様々なダイエット方法があり、各々に合ったダイエット方法を選ぶ事で、目標の体重を達成しやすくなります。
最もポピュラーな方法は「食事制限+運動」です。
具体的には、食事をゆっくり噛むことで少ない食事量でも満腹中枢を刺激し満足感を得る。
有酸素運動など、脂肪を燃やすことに有効な運動を取り入れることで、効率的にダイエットする。
等があげられます。

ダイエットの問題点としては、続かない、リバウドする等が主な問題点です。
ダイエットを成功させるために楽な道はありませんが、自分に合った方法を選ぶことで
長期的に継続しやすくなりますので、自分に合った方法でダイエットしましょう。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。